ヘルスケア

『リラヨガ・インスティテュート』 のインストラクター養成コース

日本を代表するヨガマスターの一人、乳井真介さんが設立した『リラヨガ・インスティテュート』に行ってきました。

  • 将来、ヨガインストラクターとして活躍したい
  • 自信を持って本物のヨガを伝えられるようになりたい
  • 全米ヨガアライアンスの資格が取得したいけど、どこで学べばよいか迷っている

そんな方に、学芸大学駅からリラヨガへの行き方、リラヨガで学べるヨガのこと、全米ヨガアライアンス認定のティーチャートレーニングコース『ヨガ・エヴァンジェリスト・コース』を紹介していきます。

記事執筆時(2019年3月21日時点)の情報です。

『リラヨガ・インスティテュート』とは?

日本のヨガ業界の第一線で活躍する、乳井真介さんが設立した東京目黒・学芸大学にあるヨガの総合学院です。

ヨガインストラクター養成コース、スキルアップコース、一般クラスが常時開講されており、

アーサナ、解剖学、ヨガ哲学、瞑想法、食事法など乳井さんの20年にわたるヨガの智識と経験がそれぞれのコースで余すところなく伝えられています。

また、アーユルウェーダやメディカルヨガなど、インドの伝統を守りつつ現代科学の知識もとりいれた時代に求められるヨガが学べます。

ヨガの国際ライセンスである全米ヨガアライアンス(RYT200)の認定校、日本統合医学協会認定のメディカルヨガ資格認定校で、W資格が取得できます。

<リラヨガの名前の由来>

リラヨガの”リラ”は、サンスクリットで“神様のダンス”を意味します。

また、フランス語では”ライラック”を意味し、リラの咲く頃とは‟すばらしい季節”を意味します。

いつも笑顔を忘れず、目の前に広がる世界と素敵なダンスを踊るように人生を謳歌して歩んでいけるように。

そんな願いを込めてこの名前をつけられたということです。

リラの咲き誇る気持ちいい環境でダンスを踊るように人生を楽しむ

想像するだけで幸せな気分になれる名前ですね。

『リラヨガ・インスティテュート』へのアクセス・外観・スタジオ

『リラヨガ・インスティテュート』は、東急東横線「学芸大学」駅下車徒歩1分の場所にあります。

『リラヨガ・インスティテュート』 
東京都目黒区鷹番2-20-18 久留美ビル3F (1Fがヤマト運輸のビル)
TEL:03-6303-3578

東急東横線「学芸大学」駅からの『リラヨガ・インスティテュート』への行き方を紹介します。

東急東横線「学芸大学」駅の改札をでたら、東口に向かいます。

商店街をすすみ、左手にみえる「Perfect Suit FActory」の手前の道を左に曲がります。

まっすぐ歩いていくと「マツヤデンキ」がみえてきます。つきあたったら、右に曲がります。

少し歩くと「ヤマト運輸」があるビルが右手にあります。そのビルの3Fに『リラヨガ・インスティテュート』があります。

ビルの全体像。このビルの3Fです。

3Fに上がると『リラヨガ・インスティテュート』の看板があります。

スタジオに入る前に、靴をぬいで収納できる棚があります。

『リラヨガ・インスティテュート』の入り口

ドアを開けると、さっぱりとした清潔感がありながら温もりが感じられる空間があり、一瞬日本ではないどこかの国(インド?)に来たような錯覚を覚えました。

レッスンが行なわれるスタジオ。

心地よい空気と解放感があり、大きな植物があるのでまるで野外にいるような気分になれます。

ビルの中だというのに自然な温かみを感じるのはなぜだろうと思ったら、スタジオの塗り壁材に「呼吸する壁」とも呼ばれる珪藻土(けいそうど)を使用し、ところどころに木を使用するなど、自然素材をふんだんに取り入れているそうです。

また、二酸化炭素の排出、ごみ排出量の削減、電気量の抑制など、エコフレンドリーな取り組みもされています。

『リラヨガ・インスティテュート』体験レポート

乳井真介さん

これまでに1,200名を超えるヨガ指導者を育成してきた日本を代表するヨガマスターのお一人です。

柔和な笑みが素敵な乳井さんですが、

リラヨガのHPに載っているアーサナをとる乳井さんの姿を見た時はとても圧倒されます。

アーサナをとる乳井さんの姿はこちら

説明会では、乳井さんのヨガとの出会いから現在に至るまでのお話を伺いました。

ヨガと出会う前は、生きることの意味を見失い、人間関係も仕事もうまくいかずどん底の状態だったそうです。

今の姿からは全く想像できませんね。

そんな乳井さんのどん底の人生を180度変えたのが、23歳の時にインドで体験したヨガでした。

インドへはガンジス河を見に行くつもりで計画を立てていたそうですが、飛行機で隣り合わせたインド人紳士にある場所に行けとしきりに言われたそうです。

その場所こそ、ヨガ発祥の地として有名なリシケシでした。

リシケシに点在している道場(アシュラム)でヨガを初体験し、即座にヨガの虜になり、以来20年ヨガと関わっておられます。

なんとも不思議な導きですね。

最初はお金をためては様々なヨガを学びに日本と海外を行き来する生活、やがて大手ヨガスタジオでディレクターとして、また大手ヨガスクールの共同経営者として、ヨガスタジオの立ち上げや新人インストラクターの育成に携わってこられたのですが、

自分の理想を体現したスタジオでヨガを伝えるために独立し、

2008年12月に目黒・学芸大学に『リラヨガ・インスティテュート』を設立されました。

以来、リラヨガは9年間で会員数が2,000名を超える日本有数のヨガスクールへと成長しています。

これまでに指導された生徒の数はのべ3万人、養成に携わったインストラクターの数は1,200名を超えているそうで、まさに日本を代表するヨガマスターです。

リラヨガで学べること

リラヨガのヨガは、インド古来のヨガの叡智と西洋的な解剖生理学の観点を融合することで生まれた日本発のヨガシステムです。

安全で効果的なヨガの実践を可能にするために、3つの要素を重視しています。

  • アーサナ(ヨガのポーズ)
  • 解剖生理学
  • ヨガ哲学

アーサナ(ヨガのポーズ)は、身体と心を整え、毎日を健康でエネルギッシュに過ごすことができるとてもパワフルなものです。

リラヨガでは、正確なアライメント(姿勢)を大切にしつつ、ケガなく安全な方法で身体に変化を与えていくアーサナを実践しています。

さらに、解剖生理学を学び、身体の仕組みを正しく理解することも大切にしています。

解剖生理学の知識を得ることで、ケガなく効果的に筋力や柔軟性を高めていくアーサナをとることができ、それを教えていくことができます。

また、リラヨガでは数千年前からインドに脈々と受け継がれているヨガ哲学をしっかりと学び実践することも重視しています。

ヨガの二大経典『ヨーガ・スートラ』『バガバッド・ギーター』に説かれたヨガの智恵をしっかりと学び実践することで、もののとらえ方、人生観が変わっていきます。

例えば、ヨガと出会う前の乳井さんは人生どん底状態で人間関係も仕事もうまくいっていなかったそうですが、

だからこそ、仕事を辞め、インドに行き、180度人生を変えるヨガと出会うことができました。

一見良いと思わないことが本当はよい結果を生む

物事に対して、そういったとらえ方をすることができるようになります。

うーん、深いです!

リラヨガで、アーサナ、解剖生理学、ヨガ哲学という3つの要素を同時に学び深めていくことで、独特の相乗効果が生まれ、心身のバランスが整い、真に健康で輝きに満ちた人生を手にすることが可能となります。

さらに、リラヨガでは呼吸法、瞑想法、食事法も学ぶことができます。

このように、リラヨガで古代インドの叡智と現代科学の知識を同時に深めていくことができますが、

最終的に目指すのは「心のコントロール」です。

心をコントロールするとはどういうことかというと、

例えば、望まないハプニングに出くわしても、くよくよ悩まず気持ちを切り替えて前を向いていくことができるようになる。というような、

何があっても、乱れない不動の境地です。

生きていると大小関わらず心乱れることが多々あるのですが、何があっても動じないでいられるようになったら、もっと軽やかに人生を楽しめそうです。

リラヨガの名前に込められた、

目の前に広がる世界と素敵なダンスを踊るように人生を謳歌して歩んでいけるようになる

リラヨガでのヨガを通じた学びは、すべてそこにつながっています。

身体の柔軟性を手に入れるには

お話を伺った後は、実際に身体を動かしながら「リラヨガで学べること」を体験しました。

まず、みんなで前屈をしました。

前屈をすると、手が地面にぺたっとつく人とつかない人がいます。

身体が固い人が、前屈をして手が地面につくように柔軟性を高めるにはどうしたらよいか。

それは、おしりの筋肉をゆるめることです。

おしりの筋肉をゆるめるには、おしりの反対側にある筋肉・腸腰筋(ちょうようきん)を使います。

この原理を「相反性神経支配」といいます。

実際に、参加者の一人と一緒に実践していただきました。

おしりの筋肉をゆるめる前は、前屈すると手が地面から15cmくらい離れています。

おしりの筋肉をゆるめるために、ペアになって片方の足を引っ張りあっこしながら腸腰筋を使います。

ゆっくりと5呼吸します。

再度、前屈をしてみると…

手が地面から2、3cmのところまで近づきました!

こんなに短時間で柔軟性が高まったことにびっくりしました。

鍛える筋肉がわかっていれば、ピンポイントにアプローチすることができるのですね。

実際に、隣の人とペアでやってみました。

私はもともと手を地面にぺたんとつけることはできたのですが、腸腰筋を使った後はやる前よりも楽に前屈ができました。

本当の瞑想

つぎに「瞑想」の実践をしました。

私は日常に瞑想をとりいれたいと思っているのですが、瞑想をしても雑念でいっぱいになりリラックスできませんでした。

乳井さんは、本当の瞑想が広まっていないと言われます。

脚を組んで目を閉じるのは「内観」のためです。

目を閉じて内観をすると、雑念が浮かんできますが、

それは、人生におけるやり残し、つまり「最優先にやること」です。

浮かんできたことはすぐに行動にうつし、ちゃんとやりきります。

行動してやり残しをちゃんとやりきると、頭に浮かんでこなくなります。

やるべきことがなくなると、集中できるようになります。

集中できるようになると、まばたきが少なくなります。

隣の人とペアになって、目を見つめ合うという実践をしてみました。

私は、相手の方の目の周りの表情が気になって笑ってしまい、集中できずまばたきも何度もしてしまいました。

やりきれていない、たくさんの雑念で頭のなかがいっぱいなのだなと改めて思いました。

それから、少し時間をとって瞑想をしました。

雑念が湧いてきたら、それをメモにとります。

それが自分にとっての「やることリスト」になります。

この内観のやり方は日常的に使えるツールだと感じ、時々家でも実践しています。

 

お話や伺ったり身体を動かしているうちに、あっという間に時間がすぎてしまいました!

短時間でしたが、新しい知識をたくさん学ぶことができ充実した時間がすごせました。

全米ヨガアライアンス認定のティーチャートレーニングコース『ヨガ・エヴァンジェリスト・コース』

乳井さんの20年にわたるヨガとの関わりのなかで、本物と感じたヨガの叡智を凝縮した『ヨガ・エバンジェリスト・コース』は乳井さんが考案したオリジナルのコースです。

『ヨガ・エバンジェリスト・コース』は3つのコースに分かれています。

  • 「ヨガファウンデーション・コース」
  • 「ヨガアドバンス・コース」
  • 「ティーチャー・インテンシブ・コース」

この3つのコースを順番に受講していくことで、たとえ経験が浅くても総合的なヨガの原理を段階的に習得していくことができます。

3段階ステップアップ方式で3つの養成講座を修了すると、全米ヨガアライアンス認定200H(RYT200)が取得できます。

独自のカリキュラム

  • アーサナのプラクティス
  • ヨガ哲学
  • 解剖生理学
  • 呼吸法と瞑想法の実践
  • ティーチングスキル
  • ヨガ式食事法
  • アーユルウェーダ

アーサナのプラクティス、呼吸法と瞑想法の実践、ヨガ哲学、解剖生理学、ティーチングスキルは全米ヨガアライアンス既定のカリキュラムに入っていますが、

その他にも、食事法、アーユルウェーダなど、心と身体を健康に保つためのさまざまなアプローチも学べます。

それぞれのコース内容を知りたい方はこちら

現在募集中のコース

【16名限定】ヨガファウンデーション・コース 夏季集中コース
2019年6月17日スタート 8:00-19:00 *6月21日のみ17時まで
日程:6月17日、18日、19日、20日、21日
【16名限定】ヨガファウンデーション・コース 夏季木曜コース
2019年7月18日スタート 毎週木曜日10:30-16:30
日程:7月18日、25日、8月1日、8日、15日、22日、29日、9月5日
【16名限定】ヨガファウンデーション・コース 秋季土曜コース
2019年10月12日スタート 毎週土曜日13:00-19:00
日程:10月12日、19日、26日、11月9日、16日、30日、12月7日、14日
【16名限定】ヨガファウンデーション・コース 秋季日曜コース
2019年10月13日スタート 毎週日曜日13:00-19:00
日程:10月13日、20日、27日、11月10日、17日、12月1日、8日、15日

費用

●ヨガファウンデーション・コース

148,000円(税込)⇒創立10周年記念特別価格:13万8千円(税込)

入学金30,000円(税込)⇒創立10周年記念特別価格:無料

●ヨガアドバンス・コースとセットで受講

296,000円(税込)⇒26万6千円(税込み)*通常価格より30,000円お得

●ヨガアドバンス・コース、ティーチャーインテンシブ・コースとセットで受講(全米ヨガアライアンス・コンプリートパック)

524,000円(税込)⇒44万8千円(税込)*通常価格より76,000円お得

*受講料にはオリジナルテキスト、修了証の発行代が含まれます。

おすすめポイント

  • 乳井さんが長年習得してきたヨガの叡智から、本当に伝えられるヨガのエッセンスを取り出したオリジナルの内容
  • 3段階ステップアップ方式で無理なく全米ヨガアライアンス認定資格が取得できる
  • 少人数コースで、乳井さんからも直接指導してもらえる
  • 初心者でもリラヨガ独自のシステムで安心安全なヨガを身につけられる
  • フォローアップの充実

まずは体験してみよう!

どんなにすばらしい内容でも、自分に合っているかどうかは実際に行ってみないとわからないものです。

迷ったら、まずは説明会や体験レッスンに参加されることをおすすめします。

説明会

全米ヨガアライアンス認定コース『ヨガエバンジェリスト・コース』の無料説明会は定期的に開催されています。

体験レッスン1回が無料になるので、リラヨガのヨガを肌身で感じられます。

個別説明会にも対応しているので、お気軽に問い合わせてみてください♪

『ヨガエバンジェリスト・コース』の説明会の日程を知りたい方はこちら

一般クラス

まずはリラヨガでヨガレッスンを受けたい方に。

<一般クラス料金》

一般
有効期限
リラヨガメンバー登録料
1,000円
体験レッスン1回
2,000円

体験レッスン3回
3,000円
2ヶ月
1回参加
3,000円
4回券
8,000円
2ヶ月
10回券
14,000円
4ヶ月
フリーパス
9,000円
1ヶ月
産後ヨガ1回参加
1,000円
レンタルウェア
500円
レンタルマット
無料

*中学生以下の方は全レッスン無料です。
*26歳以下の学生の方、65歳以上の方は回数券を特別価格にて購入可能です。回数券購入時に学生証もしくは身分証をご提示ください。
*価格はすべて税込の価格(円)となります。
*回数券はリラヨガのメンバー同士でシェアしていただくことが可能です。シェアの際は必ずご一緒にいらしてください。
*有効期限の切れた回数券はプラス1,000円で2ヶ月間の期限延長が可能です。
*リラヨガが初めてのお友達やご家族をレッスンにお誘いいただくと、そのレッスンの受講料が全員無料になります。

リラヨガが初めての方は、体験レッスン(1回もしくは3回)から受けることができます。

メンバー登録は不要なので、気軽に受けることができますよ♪

また、「ヨガファウンデーション・コース」修了後は、割引価格でヨガレッスンを受けることが可能です。

リラヨガの開放的なスタジオで行うヨガはとても気持ちがいいので、まずは体験してみてください♪

リラヨガの一般クラスについてもっと知りたい方はこちら

「人生を豊かにする智恵」としてのヨガが学べるヨガインストラクター養成コース

乳井さんからお話を伺っていると、「人生を豊かにする智恵」としてのヨガを日本中に伝えるために情熱的に指導に当たっておられることが伝わってきました。

将来ヨガインストラクターとして独立を考えている方は、リラヨガ・インスティテュートでヨガインストラクター養成コースを学ぶことはおすすめです。

少人数コースなので、疑問と思ったことはすぐに聞ける環境ですし、

何よりも日本を代表するヨガマスターから直接教えてもらえる体験はとても貴重です。

また、リラヨガで学ぶヨガの奥深さに加え、自然素材を取り入れたスタジオや、エコフレンドリーな取り組みなど、

将来独立したい方はリラヨガでヨガを学びながら自分の理想とするヨガスタジオを思い描くことができます。

それから、リラヨガの『ヨガ・エヴァンジェリスト・コース』を受ける方は本物のヨガを学びたいという方々ですので、

意識の高い仲間たちとヨガを通して人生の質を高め合っていくことができます。

  • 将来、ヨガインストラクターとして活躍したい
  • 自信を持って本物のヨガを伝えられるようになりたい
  • 全米ヨガアライアンスの資格が取得したいけど、どこで学べばよいか迷っている

そんな方は、ぜひ『リラヨガ・インスティテュート』のヨガを体験してみてください♪

 

『リラヨガ・インスティテュート』ついてもっと知りたい方はこちら